在席確認は都合が悪い!在席確認不要のキャッシングはあるの?

会社の上司が厳しく、知り合いであっても、「家族などの身内で余程の緊急でない限り、会社にまで電話をしてくるような事はないだろう!休み時間に携帯で話しなさい!」と言われます。なので、在席確認の電話も困ってしまいます。確かに、友達が会社に電話をしてくる事など通常はないような気がしますし、個人名の電話でも不自然なような気もします。在席確認不要のキャッシング会社はあるのでしょうか?

在席確認の有無は3パターン!問い合わせてみよう!

在席確認は各会社によって3パターンがあります。まず1つ目。何がなんでも在席確認は必ずするパターンです。このような会社は避けるしかないですね。次のパターンが在席確認をする事もあればしない事もあるパターン。これは運次第です。提出した書類や申告した内容などによって、在席確認も行うのか、別にしなくてもいいだろうと判断されるのか、運次第で、在席確認の有無を決める事もあるようですね。このパターンも避けた方が良いでしょう。

最後のパターンは、ある条件を通せば、在席確認は免除してくれるパターンです。ある条件とは、その会社で働いているという事を、在席確認前に証明してしまう方法です。例えば健康保険証。健康保険証には名前・住所・生年月日の本人確認になる記載はもちろん、勤めている会社名も記載していますよね。これで一気に証明する事ができます。収入証明ですと、名前や会社名が記載されていても、住所などは記載されていませんので、こういう言い方は悪いですが、これくらいなら偽造できる可能性も高いですよね。

無条件に在席確認が不要であるキャッシング会社もあるかもしれませんが、あまりおススメしません。融資する人をキチンと確認しないような会社が信用できるでしょうか?最後のパターンである、条件を通せば在席確認は免除されるパターンのキャッシング会社をおススメします。

キャッシング会社に問い合わせの電話をして「申し込みについて聞きたい。」といい、在席確認について聞いてみてたら、ほとんどが上記の3つのパターンで対応してくると思います。3つ目のパターンを探しましょう!この時は名乗る必要もないので、在席確認を拒んでいる危険人物だと思われる事もないので、安心して問い合わせてみましょう。

「頭の固い上司だなぁ…。」とも思いますが、確かに、ただの知り合いが会社にまで電話をしてくるというのは、逆に怪しいというのは同感ですね。このような厳しい会社の場合は、やはり在席確認がないのが1番良いでしょう。必ず在席確認が必要というわけではないので、安心してくださいね。

もし、どうしても在席確認が必要なキャッシング会社しか選択できない場合は、その中でも相談にのってもらえる会社を選択しましょう。例えば、在席確認の時間を指定できたり、男性スタッフからの電話か女性スタッフからの電話かを選択できたり、個人名で電話するのか保険会社などを名乗って電話するのかなどなどを、細かく設定して電話してもらえる可能性もあります。

例えば、車のローンの為の在席確認だったら、会社にバレたとしても、それほど嫌な思いはしませんよね?保険の契約内容の確認だとすれば、そんなに怒られないでしょう。会社の電話番号を教えていても不思議ではない人たちでもあります。このような人に化けてもらう事で、在席確認があったとしても問題ないケースもあります。検討してみてください。まずは、キャッシング会社に問い合わせと相談を!!

在籍確認不要で借りられるキャッシングって、ありますか?

キャッシングをしたいのだけど、申し込み審査の時に勤務先に電話がかかってくる在籍確認、これが嫌で申し込みを躊躇している方もいらっしゃるかと思います。金融機関側もそういった借り手側の要望に配慮し個人名で架けるなど、勤め先に怪しまれない様に気を配ってくれているのですが、それでも心配で、在籍確認は避けたいという方がいます。在籍確認なしでキャッシングできる会社は、あるのでしょうか。

そもそもなぜ在籍確認が必要なのかを考えてみましょう。まず金融機関が、キャッシングが出来る方の条件として掲げているのに「安定した収入のある方」というものがあります。安定した収入というのは金額の高い低いではありません。例え収入が低くても毎月お給料が貰えているのであれば、それは安定的な収入とみなされますので、アルバイトやパートの方でもこの条件には当てはまります。

お金を借りるからには当然、返さなければならないのですが、もし無職無収入の人がお金を借りた場合、どのように返済をするのでしょうか。自身に収入が無いのに返すことはできない、そうなるとどこかから借りて返すということになります。ですから収入がない、つまり返す当てのない人へはお金は貸せません。基本的に無収入の人には貸出をする金融機関はありません。あるとすればそれはまともな会社ではない可能性があるわけです。

貸す側としても、お金を返してもらわなければならないのですから、その当てを確認するのは当然のことであると考えることができます。在籍確認といっても特別なことではありません。社名で架けてくることはまず無く、個人名を名乗って申し込み者を呼びだす、という形で架けてきます。それは申し込み時に相談をしておくことができます。

申し込み者と繋がりさえすれば在籍確認が取れたということで、ものの数秒で電話は終わりです。もしも申し込み者が外出中で不在ということになれば、それでも在籍確認が取れたとみなされる場合もあります。それは各金融機関の判断によるでしょう。ですから普通にしていれば、勤め先に特に怪しまれることなどないはずです。

それでも勤め先に電話を架けられるのは困る…というのでしたら、金融機関によっては会社の健康保険証や給料明細で在籍確認が取れたとみなす業者もあるようなので、そういったところを探してみるというのはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【派遣登録】で借りられる会社を見つけたい!ランキングで探せ! All Rights Reserved.